キャッシングは色んな情報を取り入れて判断する必要がある!

気が付いたら借りすぎていました – 110万円を完済

気が付いたら借りすぎていました。自己破産したほうがよいのでは?
と友人に薦められましたが、自分で選んでしまった道なので、
なんとか返済しようとここまで頑張ってきました。

最初はこんなことになるとは考えもしませんでした。
夫が勤めていた工場をリストラされて、職探しをしていた時期でした。
毎日職安に足を運んで、真面目に就職先を探していた夫でしたが、
退職金の支給が終わってしまう直前になっても、思うような仕事が見つからず、
なんとか手元のお金を増やしておきたいと、それまで特に興味をもっていなかった、
競馬に通い始めたのです。

今後のことを考えてくれてるのは口に出さなくてもわかっていたのと、
半年以上も職探しをしているのに見つからない夫にちょっと同情もあって、
ちょっとストレス発散にでもなればとも思ったのです。
しかし1ヶ月ほどで残りの退職金をすべて使い果たしてしまったのです。

収入は私のパートの給料のみとなって、家賃を支払ったらほぼ残りません。
仕方なく持っていたクレジットカードで20万円ほど借りました。
当時はまだ総量規制などという制度はなくて、パートの私でも
30万円のキャッシング枠があったのです。

夫が交通事故に・・・

もう桜が咲き始めるかというある春の日、職安から自宅に電話がありました。
ちょうどパートがお休みの日で家にいたのですが、この電話が運命の分かれ道でした。
自転車で職安にいっていた夫が交通事故に遭ってしまったのです。
もっていた封筒から職安に連絡がいって、そこから家に連絡がきたのでしょう。

無我夢中で病院へ駆けつけました。しかし打ち所が悪かったのか、
夫はすでに帰らぬ人となっていました。
悲しいとかいう感情を認識できるようになるまで、しばらく時間が必要でした。
まるで夢でも見ているかのように、今置かれている現実に対して
まったく実感が沸かないのです。というよりも今思えば現実を受け入れることを
拒否していたのかもしれません。

葬儀費用で80万円

そんな状態のままで葬儀、納骨とひととおり終えたとき、
残されたのは葬儀のために増えてしまった借金と、私ひとりだけでした。
葬儀の費用は、夫の姉と弟も補ってくれましたが、それだけでは足りなくて
直前に借りてしまったクレジットカードのキャッシング枠ではとても足りず、
消費者金融から80万円ほど追加借入しました。

ひとり残されてしまった孤独感に慣れるまで、借金を返済することの大変さに
気付かなかったのですが、精神的にそれなりに落ち着いてきたのは1周忌のころで、
そのころにはもう1社からさらに50万円の借り入れがあり、
全体では3社から110万円の借り入れとなっていました。
この借り入れ状況を認識できたのも、心配してくれた夫の姉に問い詰められてのこと。

5年間かけて完済

やっと自分の状況に気付かされた私は、
夫のためにもなんとかして返済をしなければと決意しました。
この借金から抜け出せなくなったら一番悲しむのは夫でしょうから・・・。

ひとりになってからは、パートも時給ではあるもののフルタイムで出勤していました。
しかしもっと稼げる仕事をしなければと、昼間は配送ドライバーとして、夜はスナックで、
睡眠時間は平均2時間ぐらいで、2年ほど頑張って稼いだのです。

110万円という金額は、たいした金額ではないようにも思えますが、
当時は29.2%という金利でしたから、返済の負担もかなり大きく
返しても返しても元金が減らないのです。
2年かかって借金が約半分になったところで、借り換えローンで1本化しました。
このほうが金利負担が少なくなり、月々の返済額も減るのです。
それからは、昼の仕事だけにして3年間頑張りました。

来月分の返済でやっと完済になります。
5年間かかりましたが、なんとか完済まで漕ぎ着けました。
完済できたらまず夫の墓前に報告して、
余裕ができたら夫の仏壇をしっかりしたものに買い替えようと思います。

Copyright キャッシングsomething. ALLRIGHTS RESERVED.